2023年11月09日

経営とは非言語系情報をいかに言語化するか

 たった一人で生きていけるはずもなしというか、そもそもそれぞれが支えあって物事が成立しているという事なのです。
物を買う、活用するという事を促すためには多くの企業が情報発信という行為を継続的に行っていかなければなりません。
特に消費者の心をつかむことで販売を伸ばそうとしている企業は、非言語系情報というべき雰囲気とかイメージとか、使用している状態などに関して消費者に訴求していくことが何より大切です。

 企業側としてはその商品のコストをどのように調整するか、材料のスペックや流通コストに関しては売価の中に適正に設定することが大事なのですがそれはそれ

 モノ余りの現代に於いての優先的な戦略はお客様の感情の領域にどう入り込んでいくのかに尽きるようです。
五感の特に視覚訴求と視覚に納得感を与えるための物語づくりが知的欲求を満足させなければならないものと考えます。マーケティングとはともかくも販売からスタートするものと私は考えています。
 だから、世間の平均の原価率や人件費などといったところから経営計画を立案することがいかに危険か、そのことに気が付いた昨今の私です。
 物語マーケティング実施方法を考えていきたいと思っています。
IMG_4175.JPG


posted by 筆文字や隆庵 at 09:41| Comment(0) | イラストデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月08日

お皿の上の満足感

2020-08-30 17.31.46.jpg

おいしいものをいただくという事は幸せの時間をいただくという事なんだ
posted by 筆文字や隆庵 at 19:51| Comment(0) | イラストデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月06日

しつこく根子岳の画

 県境の宮崎から山越えで高森峠に差し掛かる冬が終り春ともなると桜が咲き誇ります。
 高台から下界を眺め 目の前に広がる大地を遠くにみる。
 南郷谷の中央に阿蘇五岳がそびえる。

わがふるさとの画
IMG_3128.JPG

 千本桜の景色はこの季節たくさんの花見客が訪れる。
 僕は子供の頃よくここで遊んだ


posted by 筆文字や隆庵 at 11:29| Comment(0) | イラストデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月18日

青春時代の思い出

 故郷の情景を思い出すとき、高校時代に眺めていたお城があります。
多くの観光客に愛されている「熊本城」もこの位置からのスケッチは珍しいと思うのです
 市内を流れる坪井川が守っていた難攻不落の城、

この場所から南に下ると繁華街の下通、上通に向かう事になります。僕が通っていた高校はその繁華街の先にありました

IMG_3346.JPG

 そうそう、このお城のそばにある老舗ホテル 「キャッスルホテル」のロビーには日本映画界の巨匠 黒沢明監督の絵
「熊本城」が見上げるほどの大きさで描かれています。


posted by 筆文字や隆庵 at 09:37| Comment(0) | イラストデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月17日

屋号「隆庵」の意味するところ


本名 隆 の心の中にひっそりと存在している「庵」は過去・現在・未来の三世を生きるもう一人の私の居るところ。
そこから覗き見る「森羅万象」「人生の機微」「心の世界」を追求することによって人とは何か、自然とは何か、
宇宙とは何かといったことを形而上に求め、感覚的にとらえたものをどう形而下にて表現できるかを絵画という手段をもって
わが「庵」に投げかけようとしているのである。
 物質を物質ならしめている「エネルギー」という存在、目には見えないが確実にある。
その物質の仲間であるこの地上に個性をもっているかのごとく目前にそびえたちたたずんでいる山々
 山は山、それはそのまま地理的で無言の物理的存在としての一面をもっているのである。
しかしながら、その単なる「山々」のもう一つの側面であるところの「エネルギー」という無形で人々の歴史的存在を見つめてきた「情実」の側面の存在を忘れてはいけないのである。
人それぞれは例外なく生まれ育った土地があり独特の風景の中で各人の人生が始まるわけであり自然に思い出として心の中に刻まれているのである。したがって隆庵は山々が情実的存在であると論ずるのである。

IMG_3605.JPG

僕の生まれ育った故郷、阿蘇五岳に囲まれた場所
お気に入りの山「根子岳」東口からの景色
posted by 筆文字や隆庵 at 09:32| Comment(0) | イラストデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月16日

食欲の秋

 やっと涼しくなって過ごしやすい秋が来ました
世の中大変な事件が多いけど「け・セラセラ」

 憂いてみたところで君に何ができるというのだ・・自らの身の周りを正しく治めたいものであります。


 おいしいものをいただきましょうと「焼き魚定食」
IMG_3978.JPG

 食事のあとはやっぱりこれ
IMG_3889.JPG

posted by 筆文字や隆庵 at 09:13| Comment(0) | イラストデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月28日

根子岳という山

 南阿蘇高森から阿蘇谷の宮地までドライブすると、根子岳の東峰からの風景が面白いと思いスケッチ

 四季折々の変化に感動するものです

 「阿蘇山コレクション」根子岳の姿なり

IMG_3605.JPG

IMG_3587.JPG
posted by 筆文字や隆庵 at 23:02| Comment(0) | イラストデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする