2010年01月11日

神話の里 高千穂 Vol1

福岡から九州自動車道松橋インターで降り218号線を2時間ほどひた走ると目指す「天孫降臨 神々のふる里 高千穂」があります。



高千穂a 005.jpg



257段の階段を下っていくとまず驚くのは火山の噴火で切り取られた切り立った崖

「仙人の屏風岩」 立ちすくむほどの迫力です

高千穂a 036.jpg



岩は何処もこのような形に切り取られています。

高千穂a 024.jpg



「鬼八の力石」

高千穂神社に祀られている十社の大明神が魔性の神「鬼八」を退治するのですが、その鬼八が追われる際に大きな石を取り力自慢をして見せたといわれが残っているのがこの石

高千穂a 035.jpg



最後に見えてきたのは今回の一番の目的「高千穂峡 真名井の滝」

深い緑色の水面が神秘的で吸い込まれそうです。


高千穂a 033.jpg


高千穂a 022.jpg


この深い水の色と切り取られた岩の自然の造形を目の当りにし

感動を「絵」で表現するには・・・



s高千穂.jpg




このほか夜神楽、天岩戸神社など明日又ご報告!!

お楽しみに・・・






posted by 筆文字や隆庵 at 09:32| 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする