2021年01月19日

メニューデザインの在り方

 メニューそのものが単なるツールであってはならないのです。
 といって当然のことながら確かに売り物としての商品をお知らせするといった面を否定しているわけではありません。
  多くの人はデザインを単なるモノとしてデザインされているという見方はしません、ただ「好き」か「嫌い」かといった直感的に感じる要素と「高級感」か「安っぽいか」といったクラスを無意識下で見てしまいます。デザイナーがどんだけ考えて設計したデザインでも人によって様々な感覚で判断されるわけですから意思の伝わらないデザインは単なる「自己満足」になってしまうようです。
 世に出回っているあらゆる商品にはすべてそれなりの意義があり当然意味を持つものであります。
 したがって、私たちデザイナーはメニュー作りにおいても常に顧客、メニューを手にして購買を決める意味を想像しながらデザインというものを考えているわけです。

 本日のメニューは、神戸の繁華街にあるおしゃれで洗練された店舗内装の焼き肉店ですが、内装の雰囲気にしては大衆価格で提供していますよーといった、ある意味「ギャップ」を楽しんでもらおうというコンセプトで営業しているお店のモノです。
1、ミヤコヤ様フード縦A4.jpg
神戸ミヤコヤで検索できます。




posted by 筆文字や隆庵 at 10:22| Comment(0) | 焼き肉店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月08日

今年最初のお仕事 カフェメニュー

今年最初のお仕事は「カフェメニュー」の制作でした。

スポーツジムに併設されたレストランです。

美容と健康に対しての意識の高い女性のお客様が多い。

という事でした。

カジュアル過ぎず、おしゃれなメニューを心掛けました。


E.V.O様フードメニュー.jpg



メニューをご検討でしたら私のHPからお問い合わせ下さい。

筆文字や隆庵↓






posted by 筆文字や隆庵 at 09:37| Comment(0) | メニューデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月07日

改めて自分の存在理由を考える

 新しい年も明けすでに1週間、デザインマネジメントを生業としている私の存在理由を考える事とする。
理念というほど大袈裟なものではありませんが、ライフスタイルとリンクした形で記していきたいと思います。
 手描きの文字やイラストデザインを使って、あらゆる業界におけるコンセプト表現のお手伝いをしようと思います。
いわゆる独自のマーケティングシーン創造のコンテンツとして活用して頂きたいという事です。
 デジタル化が進み過ぎて他との差別化コンテンツとして徹底した「アナログ」の世界観を意識した販促ツールを作成しお客様に対して「何か気になるね・・」デザインでもって微妙な違和感を演出し、お客様の心に残るようなデザインを考えていきます。
 手に取ってもらいたいと思っていただくデザインを生み出すためには、単なる絵でなく、文字でなく、そこに込められた物語やメッセージを伝えるための言葉(キャッチコピー)の力を借りて、はじめて手に取ってもらえ、記憶にとどめて頂けるいわゆるデザインマーケティングか゜存在するのだ。文字も絵であるという考え方を進めていきます。
 根本的な私の思考というものは、人が持つ温かみとか、優しさとか人情味や大自然を美しいと感じる心を大切にしたいということです。
以上のような方針にて具体的な仕事としては
 1.筆文字メニューづくり(和食、洋食、カフェ、居酒屋、イタリアン等のそれぞれの業態) イラスト・文字・背景画等
 2.企業 店舗 商品ロゴと商品パッケージづくり
 3.ポップ及びチラシデザイン
 4.DМ挿絵
 5.包装紙デザイン
 6.ランチョンマットデザイン
 7.その他、広告デザイナー様との協業等
 また、今年は自らのポートフォリオを兼ねた絵手紙と言葉集を作成したいと思っています

 遅れましたが本年も何卒よろしくお願いし新年のご挨拶とさせて頂きます。
 2020-12-24 10.11.46.jpg

 野菜






posted by 筆文字や隆庵 at 14:37| Comment(0) | イラストデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする